ブログ

ランディングページ(LP)とは?ホームページとの違いなど基礎知識について解説!

これからはインターネットでの集客が大切だと理解してはいるものの、

「そもそもランディングページ(LP)ってなに?ホームページと何が違うの?」

と疑問に思ったことはございませんか。

そこで今回はランディングページの基礎知識、ホームページとの違いについて解説していきます。

ランディングページ(LP)とは?

「特定の商品やサービスを紹介し、ユーザーに行動させるためのページ」のことを指します。

主に広告やSNSのリンク先に設定されることが多いです。

ユーザーに対して問い合わせ、資料請求、商品注文などの具体的なアクションを促すために使用されます。

デザインとして縦長のページが多く、一枚で全ての情報を網羅しているのが特徴です。

また、「ランディングページ」には他にも、
ホームページ内で最初にアクセスされた“着地ページ”を示す場合でも用いられますが、
ややこしくなりますので今回は前者についてのみ説明をしていきます。

ランディングページ(LP)とホームページとの違い

ランディングページは基本的に1ページのみで構成されており、
コンバージョン(例えば、問い合わせ、商品・サービスの購入など)を向上させることに特化しています。

一方、ホームページは複数のページで構成されており、
その目的は自社のありとあらゆる情報(企業理念、サービス、採用など)の提供です。

以下、比較表にまとめました。

同じWebサイトですがその目的や特徴は大きく異なるため、
自社にとってランディングページが必要かどうかしっかりと検討する必要があります。

ランディングページを作る目的

ランディングページは、基本的にWeb広告経由のコンバージョン数を最大化することを目的として作成されます。

もし、広告のリンク先がホームページのTOPページであった場合、
多くの情報がありすぎて、ユーザーが目的とする情報に辿り着けなかったり、
探すことが手間になってしまったりすることで、離脱してしまうことがあります。

その点、ランディングページは具体的なアクションに直結する情報のみで構成されているため、
こういった離脱を防ぐことができます。

ランディングページを作るメリット・デメリットは?

ここまでの話を聞いて、広告の効果を最大化するならばランディングページ一択ではないかと思われたかもしれません。

しかし実際はメリットだけでなく、デメリットもあります。

メリット

ランディングページは、商品・サービス、または広告ごとに訴求内容を最適化し、
複数のページを作ることが可能です。


また、必要な情報以外の掲載がなくリンクも設けられていないため、
先ほど言った離脱を防ぐことができます。


ユーザー目線で興味を惹くデザインで構成することで、コンバージョンを最大化することができます。

デメリット

制作および運用にコストもかかり、人的リソースの確保も必要です。

ページのデザインやコピー等がコンバージョンに大きく影響するため、
より高度なデザイン力が必要です。

そのため、外部へ委託するケースも多く、大きなコストが発生します。

また、複数のランディングページを制作する場合は、管理コストも発生するでしょう。

ランディングページはどうやって作ればいいの?

①目的を明確化する

一つ目のステップは「目的を明確化する」です。

どんな悩みを持っている人が、どういったタイミングでページを見て、そしてどんなアクションを起こして欲しいのかを明確化します。

この設定を誤ってしまうと効果的なランディングページが制作できず、
無駄な広告予算を消費してしまいます。

②構成を考える

二つ目のステップは、「構成を考える」です。

目的やターゲット、訴求内容に合わせて最適な構成を検討します。

ユーザーの心理をしっかりと理解し、具体的なアクションへと誘導するストーリー性を持たせた構成にすることが大切です。

③ページ制作をする

三つ目のステップは「ページを制作する」です。

検討した構成案をもとに、Web制作会社やコピーライターに依頼をします。

このステップで大切なのは、検討した構成案通りにWebサイト制作を取り回していく調整力になります。

これまでの2ステップで検討された内容を正確に制作会社へ伝えて、ハンドリングしていかなくては、思った通りのランディングページができあがらず、時間もコストも浪費してしまいます。

まとめ

ランディングページ(LP)とホームページでは、目的や特徴が全く違います。

自社の目的に合わせてどちらを作成するべきかを検討することが大切です。

ホームページが整っていて、特定の商品・サービスの売上を向上させたいのであれば、ランディングページはとても効果的なマーケティングと言えるでしょう。

もし、ホームページとランディングページのどちらを作れば良いか迷っているならば、まずはホームページを制作することをお勧めいたします。

まずは自社の状況をしっかりと把握して戦略を立案することが大切です。

ランディングページ、ホームページの戦略立案は

「1枚の戦略地図」で構築できます

1枚の戦略地図 無料で作ります