ブログ

SEOとは?LPOとは?EFOとは?初心者にもわかりやすく解説

マーケティング用語は横文字や略称が多いので初心者の方にはとてもわかりづらいですよね。

この記事では、その中でも以下の3つについてわかりやすく解説します。

  • SEO(Search Engine Optimization)
  • LPO(Landing Page Optimization)
  • EFO(Entry Form Optimization)

3つすべてに Optimization(最適化)という単語が入っている通り、

WEBマーケティングにおいて重要な最適化の手法になりますのでぜひ学びを深めてください。

SEOとは?

SEOは、Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)の略称であり、ウェブサイトやウェブページを検索エンジン上で上位に表示させるための技術や戦略を指します。SEOは、ユーザーが検索エンジンでキーワードを検索した際に、ウェブサイトやウェブページが上位に表示されることで、ユーザーのアクセス数を増やし、ビジネスの成果を上げるために非常に重要な役割を果たします。

SEOの技術や戦略は、検索エンジンのアルゴリズムに基づいています。検索エンジンは、ユーザーがキーワードを検索した際に、ウェブサイトやウェブページをランキングするために多数の要因を考慮します。具体的には、以下のような要因が挙げられます。

  1. キーワードの適切な使用:ウェブサイトやウェブページのタイトル、メタ説明、本文などにキーワードを適切に使用することが重要です。
  2. パーマリンクの最適化:ウェブページのURLにキーワードを含めることが重要です。
  3. 内部リンクの最適化:ウェブサイト内のリンク構造を最適化し、内部リンクを適切に配置することが重要です。
  4. 外部リンクの取得:他のウェブサイトからのリンクを獲得することが重要です。
  5. モバイルフレンドリーなサイト構成:スマートフォンなどのモバイル端末でも快適に閲覧できるサイト構成が求められます。

SEOは、ウェブサイトやウェブページの設計、コンテンツ制作、リンク構築などに関する様々な技術や戦略が含まれます。また、検索エンジンのアルゴリズムが常に変化しているため、SEOに関する知識を常にアップデートし、最新の情報を把握することが重要です。SEOを効果的に活用することで、ウェブサイトのアクセス数を増やし、ビジネスの成果を上げることができます。

LPOとは?

LPOは、Landing Page Optimization(ランディングページ最適化)の略であり、ウェブサイトのランディングページを改善し、コンバージョン率を向上させるための戦略や技術を指します。ランディングページとは、広告や検索エンジンの検索結果などから訪問者が最初に訪れるページのことを指します。

ランディングページ最適化には、以下のようなやり方があります。

  1. メッセージの明確化:ランディングページには、訪問者が求める情報やサービスに関するメッセージを明確に伝えることが重要です。訪問者が必要とする情報を正確に伝え、訪問者が求める情報を提供することで、コンバージョン率を向上させることができます。
  2. ページのレイアウト:ランディングページのレイアウトを最適化することで、訪問者の目的を明確にし、訪問者が求める情報を簡単に見つけられるようにすることができます。また、ページの読み込み速度を高速化することで、訪問者のストレスを軽減し、コンバージョン率を向上させることができます。
  3. コール・トゥ・アクション(CTA)の最適化:ランディングページには、訪問者に対して具体的なアクションを促すCTAが配置されていることが一般的です。CTAの文言やデザインを最適化することで、訪問者にアクションを起こしてもらうことができます。
  4. フォームの最適化:フォームは、訪問者から情報を収集するための重要な要素です。フォームのデザインや配置を最適化することで、訪問者がフォームを入力する意欲を高め、コンバージョン率を向上させることができます。
  5. テストと改善:ランディングページ最適化の戦略や技術を実施する際には、テストを重視し、改善を継続的に行うことが重要です。ランディングページのコンバージョン率を分析し、改善点を洗い出し、改善を継続的に実施することで、コンバージョン率を向上させることができます。

EFOとは?

EFOとは、Entry Form Optimization(エントリーフォーム最適化)の略称であり、ウェブサイト上の申込みなどのフォームの最適化に関する考え方です。フォームは、ユーザーがウェブサイト上で様々なアクションを行うために欠かせないものであり、コンバージョンを促す上で非常に重要な役割を果たします。EFOは、フォームのデザイン、フォームのフィールドの数、フォームの入力項目のレイアウトなどを最適化し、ユーザーがフォームをスムーズに記入できるようにすることを目的とします。

具体的には、以下のような施策があります。

  1. フォームの簡素化:フォームのフィールドの数を最小限に抑え、必須項目以外は省略することで、ユーザーがフォームをスムーズに記入できるようにします。
  2. レイアウトの最適化:フォームの入力項目のレイアウトを最適化し、ユーザーがフォームの記入項目を理解しやすくします。
  3. フィールドのラベルの改善:フォームのフィールドのラベルを改善し、ユーザーがフォームの入力項目を理解しやすくします。
  4. エラーメッセージの改善:フォームの送信時にエラーがあった場合のエラーメッセージを改善し、ユーザーがエラーを修正しやすくします。

EFOの目的は、ユーザーがフォームをスムーズに記入できるようにすることです。フォームがスムーズに記入できるようになると、ユーザーがウェブサイト上で行うアクションが増え、コンバージョン率が向上することが期待できます。

SEO・LPO・EFOまとめ

SEO・LPO・EFOは、いずれもWebサイトの最適化に関する用語であり、Webマーケティングを成功させるためにとても大切な施策です。それぞれの意味や目的を理解してWebの最適化を進めていきましょう。

「1枚の戦略地図」

を活用してマーケティングを見直しませんか?

1枚の戦略地図 無料で作ります